2011年04月13日

名取市操体ボランティア5

春のやわらかい日差しが、桜のつぼみをそっとそっと開花
させてくれるように、被災者の冷たくなった心も人々の温かい
想いできっときっと温まってゆきます。

午後一番の人は右膝が曲がらないおばあちゃんです。
右足を投げ出して座って膝をさすって待っています。

「こんにちはー」
「こんにつはー」

私は初めに少しお話をしてみて、この人を「天井ばあちゃん」と
名づけました。
そのお話とは、おばあちゃんのこんなお話でした。

「地震の後で川を見たら水がぜんぜんなぐなっていたのよ。
これは津波が来るっていうんで私2階さ上がったの、
そしたらそのままドドーンと流されで2階まで水が入ってきたの。
それで天井と水の30センチ位のすきまでやっと息をしていたんだ」

この日は雪が降っていてとても寒い日でした。

「水が引いて、冷たくて寒くて寒くて、びしょびしょのまま
次の日の夜まで過ごしたんだ。そしてやっと助けでもらったの。
外に出てみたら家の一階はなぐなっていて、ずーっと離れた違う
場所に私いたのよ。たまげたねー。でもねぇ、私はお父さんも
息子も助かったがらねぇ、、、」

「すごい生命力ですねー、たいしたもんだねー」と私。

「右膝、曲げると痛いんですね」
「はい」
「こうしてもらうのはどんな感じですか?」
私は膝ウラとふくらはぎのあたりの皮膚をずらしたり、
揉んだり、押してずらしたりとやってみました。

天井ばあちゃんは押してずらすのがいいと言いました。
なのでそれをへらへらしばらく続けました。
その後、右だけ足指と足裏を少し揉んだり揺らしたりしました。

「足があったがぐなったねー」天井ばあちゃんがそう言って
少し微笑みました。

「冷えて痛くなるようなら、ホッカイロを当ててあったかく
した方がいいね。でも寝るときははがしてよ。低温やけどを
するとわるいから」

つづく
posted by コーン at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/195625324

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。