2011年04月14日

名取市操体ボランティア8

体育館の中央付近にヘルニアらしい30代の男性が座って
私を待っていました。
奥さんらしい人と三才位の子供が、そばでちょろちょろ
遊んでいました。

私が来る前に息子がいろいろと操法はやってみたようでした。
基本的な操法では気持ちよさが味わえなかったのか、
私がアサリじぃと話しているときに何をやったらいいのか
聞きにきたのでした。

その時私は肩甲骨周囲のコリを見つけてやってみるよう指示
しました。
息子はそれも含めていろいろとやってみて、再度私を呼びに
きたのでした。

ヘルニアの男性は、腰が痛くて右足がシビレるらしく、
整形でブロック注射も何度かやってもらっているとのことです。

私は右を上にして横になってもらいました。
この姿勢が楽そうに見えたからです。

そして右臀部を静かに少しずつ押してみました。
コリコリで硬くなっています。

「押されるのはどんな感じですか?」
「はい効きますねー」
「痛気持ちいいといいんですけど」
「はい、いい感じです」
「そこが最初痛くなって、それからシビレるようになったんです」
「そうですかー」
「足がすーっと温かくなってきました」

「奥さん、こんな風にときどきやってあげてください簡単だから」
私は奥さんが知らん振りしてあっちを向いていたので、笑って
そう言いました。

奥さんはちらっと私の方を見たのですが、相変わらず
「私はできないわ」みたいな雰囲気であっちを見ました。

私は奥さんも心身共にあちこちツライから、それも仕方ない
かー、と思い、
「奥さん、やさしそうだらきっと後でやってくれますよ」
奥さんに聞こえるように言って押しました。

奥さんが初めて少し微笑みました。



posted by コーン at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/195778149

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。